ロゴ

転職すると決心したら早めに仕事探し

転職活動に失敗しない一番のコツは、迅速な意思決定と行動の速さです。転職をすると決めたなら、その日のうちから転職サイトに登録をして、好みの求人を探すようにしましょう。基本的に転職活動は長引けば長引くほどリスクが増大します。早めの行動を心がけることを忘れてはいけません。

転職先はどう探す?転職サイトと求人情報誌の各メリットを比較

情報の量が圧倒的な転職サイト

転職サイトには、紙面スペースというものがありません。基本的に何件でも求人案件を掲載することができる点がメリットです。大手転職サイトなら、数十万件という膨大な量の求人情報が掲載されていることもあり、自分に合ったものを見つけやすいです。

情報の質や精度なら求人情報誌も悪くない

求人情報誌は、経験豊富なプロのスタッフが情報を整理して掲載してくれているという特徴があります。情報の質や精度という面では、転職サイト以上かもしれません。信頼性の高さやサポートの充実という面では、こちらにも一定の強みがあります。

薬剤師の転職は専門サイトで探すのがおすすめ

薬剤師の世界は非常に大きく、資格を持って働く人の数も少なくありません。そのため、医師や看護師と同じように、薬剤師求人に特化した転職サイトも存在しているのです。一般的な転職サイトではお目当ての情報を探すのも大変ですが、専門サイトならその苦労は不要です。転職の際にはできるだけ専門的なサイトを使っていくように心がけましょう。

薬剤師が転職するときに重視したい雇用条件ランキング

薬剤師
no.1

今よりも年収がアップするかどうか

転職の際に一番重要視したい条件は、やはり年収でしょう。現在の年収以下の転職先を選んでしまうと、生活レベルを落とさなければならなくなる可能性も出てきます。年収が高いなら職場に多少の問題があっても目を瞑りやすくなるため、この部分で妥協をすることは得策ではありません。

no.2

十分な休みが取れるかどうか

自分の趣味の時間や、家族と過ごす時間を充実させたいなら、年間休日数にも着目すべきでしょう。幸い、薬剤師の世界には週休三日の求人も少なくありません。しっかりと休みを取れる職場を選べば、責任の重い薬剤師という仕事であってもストレスは感じにくくなります。

no.3

福利厚生の充実度も重要な条件

研修制度が整っているかどうか、キャリアアップを会社側で支援してくれるかどうかなども重要な条件です。その他、家族手当や住宅手当が出るかどうか、各種休暇制度が充実しているかどうかもチェックしておきたいところでしょう。福利厚生が整っている職場なら、快適に仕事をしていける可能性が高まります。

新しい職場探しには薬剤師の転職サイトをどんどん使っていこう!

薬と薬剤師

転職サイトを使うなら複数のサイトを登録しよう

薬剤師の資格を持っているなら、薬剤師向けの転職サイトを使っていくのがいいでしょう。一般的な転職サイトよりも情報量が多く、理想に近い求人を探しやすくなるからです。ただし、転職サイトを一つだけ使うというのはおすすめできません。なぜなら、求人の量や質を比較検討できなくなるからです。また、転職サイト独自のサービスもそれぞれ違うのですが、その比較検討もできなくなります。結果的に、お得な情報を見逃してしまう可能性も高まります。複数の転職サイトに登録して、それぞれの求人を比較検討していけば、より理想に近い求人に出会える可能性が高まるばかりでなく、お得なサービスに出会える可能性もアップします。

広告募集中